ダ・ヴィンチからの招待状

会期:2017年10月4日(水)~10月11日(水)
会場:クロ・リュセ城(フランス・ロワール)ユネスコ世界文化遺産

レオナルド・ダ・ヴィンチの終の棲家で日本の美術を紹介

フランスの中部、アンボワーズにはフランス王・フランソワ1世が幼少期を過ごし、イタリアから晩年のレオナルド・ダ・ヴィンチを招き住まわせたクロ・リュセ城があり、一帯はユネスコの世界文化遺産に登録されています。今も巨匠レオナルドの息吹が感じられるクロ・リュセ城において美術展覧会を開催する運びとなりました。

展示会場では日本画、洋画、彫塑、工芸、書道、文芸の各芸術ジャンルから集った約200名の秀作展示。さらにアンボワーズワイン協会会長のザビエ・フリサン氏のご協力を得て、アンボワーズ産のフレッシュな果実味あふれるフィエ・グリ種のワインと出展作品をコラボレーションさせ、《最後の晩餐》前で作品をラベルにしたワインを展示しました。
会場には本展のためだけ特別に、レオナルドの弟子による最古の模写としてクロ・リュセ城に伝えられている《モナ・リザ》もワインと併設展示されました。レオナルド縁の作品や発明品模型と共に展示される、日本のアーティストによる多岐に及ぶ分野の多彩な表現は、連日、世界中から訪れる2 千人を超える多くの来場者たちに感動を与えていました。
オープニング・セレモニーは展覧会場内の《最後の晩餐(レプリカ)》前において行なわれ、主催者を代表して本展実行委員長の櫛田英俊が挨拶。クロ・リュセ城を含むダ・ヴィンチパーク館長であるフランソワ・サンブリ館長をはじめ、来賓の面々からも出展作品への高い評価とともに歓迎の言葉をいただきました。

続いてクロ・リュセ城内のレストラン「Auberge du Prieuré」にて、レセプション・パーティーを開催。来賓のご紹介に続き、館長妹君のマリー・サンブリ氏、フランソワ・サンブリ館長、料理人のステファン・ソウザン氏から歓迎の言葉を頂戴した後、ルネサンス料理を堪能。フランス王ゆかりの城内における開催や、最高峰の料理、また大勢の来場者を迎えて大盛況を博すなど、万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチに祝福されているような展覧会となりました。