JARDIN in Abu Dhabi

会期(前期):2019年10月12日(土)~10月20日(日)
時間:12:00~20:00
会期(後期):2019年10月22日(火)~10月30日(水)
※金曜は休廊
時間:12:00~20:00

会場:Etihad Modern Art Gallery(UAE・アブダビ)
   Al Bateen Area Villa 15, Al Huwelat Street (Behind Al Bateen Mall) - Abu Dhabi

アラビア半島の東南端に位置し、7つの首長国から成るアラブ首長国連邦(UAE)。アラブ人をはじめインド、パキスタン、イランなど外国籍の人々も多く居住するこの連邦制国家の首都アブダビにおいて、この度コンペティション形式の美術展覧会を開催する運びとなりました。本展では出展作品をまとめた記念カタログの制作に加え、審査員と一般来場者によってアワードを選出します。
展覧会名の「JARDIN」はフランス語で「庭」を意味します。古来、日本人にとって庭は自然の美しさを込めた芸術の象徴である一方、平等院鳳凰堂に代表される浄土式庭園は極楽浄土の世界を再現した、特別で平和な空間でもありました。
またイスラム建築における中東風の庭園も、樹木が生い茂り水路と池が幾何学的に配置されたコーラン(イスラム教の聖典)に描かれる天国をイメージして作られており、この庭園は「パイリダエーザ」と呼ばれ、西洋では「パラダイス」に転じたとされています。
近年、幅広い分野において互恵的な協力関係が拡大している日本とアブダビ。その友好をより深める事を目的に開催し、様々な美の形を込めた「アートの日本庭園」で心に残った作品から、「日本の美」を感じていただければ幸いです。