WORLD PEACE ART EXHIBITION 2024

【国内展】広島 Hiroshima 2024年6月8日(土)~6月12日(水)

主催 :I・P・A実行委員会
後援 :外務省、広島市、長崎市
運営 :株式会社 クオリアート

昨年G7広島サミットが行なわれた
平和記念都市・広島で国際平和美術展を開催

本年8月で第2次世界大戦の終結から79年を迎えます。昨年は、G7サミット(主要7カ国首脳会議)の開催地として広島が選ばれ、ウクライナ情勢の緊迫化で核兵器使用への懸念が高まるなか、武力侵略や核兵器による脅かしに屈しないG7の強い意思を表明し、今まで以上に被爆を経験した国際平和文化都市・広島の発信力が重要視されました。

このG7サミットが開催された広島において、2024年6月8日(土)から6月12 日(水)に、広島市内の文化施設、JMSアステールプラザの市民ギャラリーで「第32回 国際平和美術展」の国内展を開催しました。
会場では日本のアーティストによる多彩な作品とともに、核兵器についてのレポートの掲出と特集パネルを展示しました。連日多くのご来場者にお越しいただき、なかには「祈りの姿にはっとしました。今を生きる私たちが平和な未来を建設していく責任を感じました。」というお声も頂戴し、ご来場者に学びと感動をお持ち帰りいただくことができました。

本展のご来賓として、広島市長の松井一實氏、国際平和美術会名誉顧問で元UNESCO日本国政府代表部特命全権大使の木曽功氏、そして原爆被害者の健康と生活の諸問題の解決、核兵器のない世界を目指して活動を行なっている、広島県原爆被害者団体協議会理事長の佐久間邦彦氏がご来場。平和を尊びそれを芸術からアプローチした本展に、ご来賓それぞれから励ましのお言葉をいただきました。

またグランドプリンスホテル広島で行なった開催記念パーティーでは、出席者がおのおの豊かな未来に想いを馳せ、平和について考える貴重な交流の機会となりました。

賑わう会場
併設展では「平和都市広島の歩みと『祈り』の絵画」をご紹介
来場されたご来賓(左から、国際平和美術展 名誉顧問 元UNESCO 日本国政府代表部特命全権大使 木曽功氏、広島県原爆被害者団体協議会 理事長 佐久間邦彦氏、広島市長 松井一實氏)
「グランドプリンスホテル広島」ではG7サミットのモニュメントがお出迎え
平和への心を通わせた乾杯で華やかにスタート
展覧会場となったJMSアステールプラザ