MINERVA 14 / MINERVA 2019 in LONDON

会期 :2019年7月31日(水)~8月3日(土)
会場 :マル・ギャラリーズ
主催:ミネルヴァ実行委員会
運営:株式会社 クオリアート
協力:英国王立美術家協会(RBA)

英国王立美術家協会 名誉会員による美術展覧会
「MINERVA 2019」を開催!

 かつて大英帝国として世界に君臨し、今なお古き良き伝統を守る欧州の大国イギリス。その首都ロンドンは、ニューヨークや東京と並び見所の多い有数の観光地として、世界都市に位置づけられています。

 今から約160年前に結ばれた「日英修好通商条約」により日英に国交が結ばれて以来、両国は友好な関係を継続してきました。近年、ロイヤルウェディングやロイヤルベビーの誕生で世界を賑わすロンドンで、この度、美術展覧会「MINERVA 2019」を開催いたしました。 英国王室に関係する式典などでは、主要な道路の1つとなるマル通り。その格式高い通りに面するマル・ギャラリーズを会場に開催した本展は、7月31日、開会に先立ちセレモニーを実施しました。

 会場には英国王立美術家協会(RBA)から会長を始め10名を越えるボードメンバーがご来場。会場内の力作に圧倒されながら、各ジャンルをご覧いただくとともに、ご出展者の制作の思いにも耳を傾けていらっしゃいました。
 その後、特別に大英博物館内の会場を貸し切って開催した夕食会では、RBAのニック会長やミック副会長がご参加。文化と芸術を介して交流が行なわれ、素晴らしいひと時を過ごしました。会期中、会場には多くのご来場者にお越しいただき、日本の表現力の高さを知っていただく機会となりました。

マル・ギャラリーズ内観
大英博物館外観
レセプション・パーティーの模様
弦楽四重奏でのお出迎え
第39代RBA会長に就任したミック・デイヴィス氏と前会長のニック・ティドナム氏
記念品のプレゼントも