MINERVA 2019 in LONDON

会期:2019年7月31日(水)~ 8月3日(土)
会場:Mall Galleries(イギリス・ロンドン)
   The Mall, St. James’s, London SW1

「千の仕事の女神」の異名を取る「MINERVA」を冠した本展は、日本画や洋画、彫塑、工芸、書道など様々なジャンルで活躍する日本の精鋭アーティストを対象に、多様なプロモーションを行なうプロジェクトです。

その一環としてロンドン・マルギャラリーズにて実施している美術展覧会の開催は、今年で5回目を迎える運びとなりました。
この場を借りて、英国王立美術家協会(RBA)をはじめご協力を賜った皆様に心より感謝申し上げます。

日英修好通商条約が締結以来、日本とイギリスは深い交流を続けてきました。特に日英の交流促進に携わってきた団体としてロンドン日本協会(1891年設立)がありますが、この設立準備委員会には日本の明治美術会に入会していた水彩画家のアルフレッド・イーストも名を連ねていました。
イーストは、1889年に来日して風景画や市井の人々を描き、日本の芸術家たちと交流しましたが、彼は帰国後、英国王立美術家協会(RBA)会長に選任された人物でもありました。

今からちょうど130年前から続く日本人とRBAの交流を、こうして私たちが引き継ぐことが叶い大変光栄に存じます。

本展によって現代の日本のアーティストによる多彩な表現が広く伝わり、また両国の文化交流の促進となれば幸いです。