第70回フランクフルト・ブックフェアに『日本藝術の創跡23』を出品!

会期:2018年10月10日(水)~10月14日(日)
会場:メッセ・フランクフルト(ドイツ・フランクフルト)

70周年を迎える世界最大級の国際書籍見本市
にて『日本藝術の創跡23』を紹介

1949年以降、毎年10月半ばに開催され、2018年で記念すべき70周年を迎える「フランクフルト・ブックフェア」。5日間の会期中に7000組以上の展示参加者が書籍やソフトウェアを発表する傍らで版権の売買などの取引が行なう、この世界最大級の本とマルチメディアの見本市には、出版関係者や著者、イラストレーター、翻訳家、さらには音楽業界や映画業界などマルチメディア業者が世界中から集い、2017年には28万6千人を超える来場者を記録しています。
同フェアに日本を代表するアーティストの作品を後世に伝える美術書籍『日本藝術の創跡23』(2018年11月発刊予定)を出品。書籍に限定することなく投資家や出版社、美術館、ハイテク企業など、業界を超えてクリエイティブ・コンテンツの有効活用を目指す出展者が集う「The Arts +」ブースにて同書を紹介するほか、掲載作家の作品シートを展示する予定です。

(写真は「フランクフルト・ブックフェア2017」開催風景)

フランクフルト・ブックフェア2018公式サイト