第23回 日本の美術 
全国選抜作家展

創造の翼で羽ばたけ未来へ

会期:2018年2月16日(金)~2月20日(火)
会場:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)
主催:日本の美術選展実行委員会
運営:株式会社 クオリアート

東京の文化発信地・上野の森美術館に7,800名を動員

文化芸術に造詣の深い人々から、常に熱い視線が注がれるイギリスの首都ロンドン。市街の中心地からほど近いMenier Gallery(メニア・ギャラリー)にて、日本の美術作品を一堂に会し紹介する展覧会を開催しました。

 明治時代に日本初の公園として誕生して以来、芸術関連施設が整えられ、四季を通じて様々な表情を見せる自然にも恵まれた、文化の薫り高い上野恩賜公園。東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年に向けて同園は、「文化の杜」として多彩な文化プログラムの発信地となることが期待されています。
 この上野恩賜公園を代表する文化施設の一つ、上野の森美術館にて開催された本展。連日、晴天に恵まれたこともあり、5日間の総来場者数は過去22回を大きく上回る7800名以上の動員を記録しました。
 会場には日本画、洋画、彫塑・陶工芸など幅広いジャンルの作品226点を展示し、美術評論家の勅使河原純氏やブライダルファッションデザイナーの桂由美氏、英国王立美術家協会(RBA)副会長のミック・デイビス氏など、個性豊かな有識者や美術関係者5名を審査員としてお迎えし、それぞれの視点からすべての作品をじっくりと審査していただきました。
また一般のご来場者にも審査にご参加いただき、1773枚ものアンケートを回収。多くのお客様から寄せられた貴重なご意見を集計し、人気アーティスト賞を選定。鑑賞者とアーティスト、有識者がともにつながり新たな才能を発掘する有意義な機会を創出することができました。
受賞者(敬称略)
【大賞】砂川 恵光《沖縄.海よ、空よ、島よ》
【準大賞】奈良 隆寛《Volcano Canyon》
【部門賞】日本画 秋水《春光》/洋画 岡村 宏保《悠17-2》/彫塑・陶工芸 田島 智子《One more chance》
【桂由美賞】菊見 吟子《白拍子花子~情念の舞~》
【勅使河原純賞】椎津 康子《大野寺》
【山本豊津賞】HUIT《贈るもの》
【タイモン・スクリーチ賞】岡部 紫龍《響美桜華》
【マルセル・タイ賞】寿本 蓮子《秋苑》
【ミック・デイビス賞】飴井 友子《Hikari to Kage》
【K氏賞】坂井 たかし《清流》
【人気アーティスト賞】久保 晴暉《屋久島にて ~ON YAKUSHIMA ISLAND~》/中田 恭子《平定地蔵菩薩》/はせくら みゆき《明日への扉》
【審査員特別賞】 青木 律子《宙》/和泉 志野《いれもの》/小笠原 京子《with》/岡本 礼子 《さくら龍 月あかり》/黒沢 信男 《雪陽(金沢)》/古金谷 初美 《散歩道》/坂本 貴彦 《廃墟の擬装》/寿笑 《Finlay》/田中 二三子 《昼下がり》/谷口 重光 《陽Ⅲ》/CHIHO 《花魁~OIRAN~》/冨樫 真紀子 《Megapolis》/ナカノ カナ 《ボタンウサギと魔法の国 縫々王国~植物学者オリバーの冒険》/永松 瑛子 《行く春》/中村 エミ 《夢見草》/長谷川 素子 《What is Love? Who is Loved?》/古川 ふさみ 《君を守り続けて》/横溝 洋子 《天然石とベネチアングラスの饗宴》/若狹 麻都佳 《女神の痣》