SNIFF OUT 2013

会期:2013年7月20日(土)・7月21日(日)13:00〜20:00
会場:インテックス大阪 5号館(大阪市住之江区南港北1-5-102)
主催:SNIFF OUT 実行委員会
運営:株式会社クオリアート、株式会社キョードー大阪、株式会社ビープロジェクト
協力:アートフェア東京、ART OSAKA、水都大阪フェス、DOMMUNE、ウルトラファクトリー、よしもとクリエイティブ・エージェンシー

インテックス大阪にて
アートとミュージックの融合フェスティバルを開催

アート界にとって全く新しいチャレンジとなった本イベントは、その趣旨に賛同いただいた出展ギャラリー、アーティストの多大なるご協力のもと開催。ギャラリーと個人アーティストがブースを並べるという、既存のアートフェアやイベントの常識を超えた展示は、個人アーティストブースのレベルも高く、一般来場者や関係者にも好評でした。

著名ミュージシャンを揃えたラインナップのミュージックフェスでは、各出演者が本イベントでしか観ることのできない貴重なステージを披露。音楽ファンにとっても貴重な体験となりました。また出演ミュージシャンからも、アートエリアの展示や会場全体のアートの雰囲気に刺激を受けたとの感想をいただきました。
アートフェスティバルにおいては、ギャラリー、個人アーティストがブース展示を行なった「FAIR DISPLAY」のほか、普段アートフェアやギャラリーでは展示の難しい大型作品、パフォーマンスアート、大型スクリーンでの映像作品等を「ACTIVE DISPLAY」として全26プログラムを紹介。東京のスタジオでしか配信の現場を観ることのできない「DOMMUNE」や伊勢谷友介氏のトークショー、炎を噴くパフォーマンスも行なったヤノベケンジ氏の「ラッキードラゴン」、明和電機のステージなど、バラエティー豊かな豪華プログラムを実施しました。

来場いただいた多くのお客様からは「現代アートを初めて身近に感じた」 「ギャラリーや他のアートイベントにも行きたいと思う」などのアンケートやご意見を多数いただき、より多くの人にアートを知ってもらう事の重要性、アート自体のもつジャンルレスな魅力と可能性を再確認しました。